8月19日(日) 藤野電力と防災ワークショップ

 

日付    8月19日(日)

 

時間   10:00〜 藤野電力のお話

  ソーラーパネルの接続、組み立て

 

12:00〜 ランチタイム (非電化工房のお話)

 

13:00〜 大倉山の防災(協力:Community Crossing Japan)

 

□ 天気図編 「大雨防災に関する情報の収集方法・活用方法」
誰もが入手できる情報からどのようにして安全を守るか
気象知識の有無に関係無く役立つ内容です。

講師
鈴木 裕之(気象予報士)
・2010年10月に気象予報士登録
・一般社団法人日本気象予報士会神奈川支部と
 気象庁横浜地方気象台による防災出前講座に講師として参加。
 「局地的大雨から身を守るために」をテーマに、
 消防団員や自主防災組織向けに2回の講義を行う

 

実践編  「地震後の過ごし方」

想定される災害時の状況での災害直後の手ぬぐいを使い道を参加者と実践します。

 

WS ナビゲーター

島矢 愛子

大学院で建築学を学ぶ。これまで、設計課題の展示会やこども向けのワークショップなど、課外活動に積極的に関わってきた。
3.11を受けて、建築だけでカバー出来ないものにも興味をもつように。

 

場所   街カフェ大倉山ミエル(大倉山駅から歩いて3分)

      

参加費   45,800円(ワークショップ、ソーラパネルキット代込み)

 

パネルキットの電気供給時間めやす ⇒ 詳細はこちら

  • ノートパソコン 4−6時間
  • 液晶テレビ 5−8時間

 

お申し込み フォームからお申し込みください。

 

申し込み期日 8月17日

 

*見学参加費 1,000円